補聴器ライフを楽しもう! 一般社団法人日本補聴器工業会

企業行動憲章

企業行動憲章

一般社団法人日本補聴器工業会 企業行動憲章

(平成18年1月11日制定)
(平成28年4月1日改定)

会員企業は、社会の価値観の変化に合わせ、常にコンプライアンスを念頭に置く企業文化の確立を目指し、企業の社会的責任(CSR)に取り組むものとする。そのため会員企業は、次の8原則に基づき、内部統制システムの構築、経営トップの責務の明確化が求められる。

当工業会は、基本理念として制定した「倫理綱領」に基づき、社会に向けてのコミットメントとして、以下に示す「企業行動憲章」を制定し、会員企業はこの憲章に従うことを誓約する。

  1. 社会の信頼と満足に応え、優れた補聴器とその関連機器の研究開発・生産・販売に努力し、製品の有効性、安全性の確保と安定供給を心掛けるとともに、市販後の安全管理を徹底し、情報収集、分析評価とその伝達を迅速に行う。

  2. 補聴器業界は社会福祉という国の政策と強く結びついていること、また公正で自由な競争こそが企業存立の基盤であることを認識し、遵法精神の向上と正常な商慣習の形成のため、高度な倫理観に根ざした健全で適正な事業活動を遂行する。

  3. 社会から信頼される企業となり続けるため、会員企業の従業員一人ひとりが、日常において、良き企業人、良き社会人として遵法精神に則り、コンプライアンスの徹底を図り、確固たる倫理観を持って行動する。そのための教育、指導は、経営トップにとって、未来永劫にわたり継続する至上命題であることを認識する。

  4. 製品の製造工程および関連諸工程における環境問題は全世界共通の課題であり、企業の活動と存続に必須の要件であると認識し、自主的・積極的に取り組む。

  5. 高度情報化社会に対応して、個人情報は法に則して適正に取り扱う。会員企業は、取引先等を通じて個人情報を入手可能な立場にあり、その厳格な取り扱いを行う義務を負う。

  6. 会員企業は、補聴器とその関連機器の販売業務に従事する取引先に対し、医薬品医療機器法等による要求事項の充足状況を常時確認すると共に、不適切な事象が判明した場合には、直ちにその是正を要請する。

  7. 経営トップは、本憲章を率先垂範し、社内の内部統制システムを構築し、それらを社内のみならず、取引先等にも周知徹底する。

  8. 経営トップは、本憲章に反するような事態が発生した場合は、迅速且つ 的確な情報の公開と説明を行い、権限と責任を明確化した上で自らを含めて厳正な処分を行う。

以上

日本補聴器工業会 加盟の補聴器メーカー

  • リオン株式会社
  • パナソニック補聴器株式会社
  • オーティコン株式会社
  • ジーエヌリサウンドジャパン株式会社
  • コルチトーン補聴器株式会社
  • シバントス株式会社
  • ワイデックス株式会社
  • スターキージャパン株式会社
  • ニュージャパンヒヤリングエイド株式会社
  • フォナック・ジャパン株式会社
  • マキチエ
©2016 一般社団法人 日本補聴器工業会