補聴器ライフを楽しもう! 一般社団法人日本補聴器工業会

空気電池について

空気電池について

あまりなじみのない空気電池の取り扱いについての疑問に答えます。

A1. 使用済みの補聴器用空気亜鉛電池(ボタン電池)は、お求めになった販売店に設置されたボタン電池回収缶に入れてください。
お入れいただく際には、お店の方に一声かけてください。なお、安全のため、電池1個ずつセロハンテープでの絶縁をお願い致します。スト
A2. 補聴器用電池は、空気電池というもので空気中の酸素を使って発電しますので、空気の取り入れ口(空気孔)があります。そして、その空気孔に空気が入って電池として機能するようになっています。ですから、使用前の補聴器用電池には孔をふさぐシールが張られており、空気が入らないようになっています。補聴器を使用する際にはシールを剥がしてお使いください。また、一度、シールを剥がしてしまいますと、使っていなくても放電状態が続きますので、ある一定期間を過ぎますと電池がなくなってしまいます。ご使用になるときにシールを剥がし、その電池がなくなるまでお使いになってください。

日本補聴器工業会 加盟の補聴器メーカー

  • リオン株式会社
  • パナソニック補聴器株式会社
  • オーティコン株式会社
  • ジーエヌリサウンドジャパン株式会社
  • コルチトーン補聴器株式会社
  • シバントス株式会社
  • ワイデックス株式会社
  • スターキージャパン株式会社
  • ニュージャパンヒヤリングエイド株式会社
  • フォナック・ジャパン株式会社
  • マキチエ
©2016 一般社団法人 日本補聴器工業会