補聴器ライフを楽しもう! 一般社団法人日本補聴器工業会

空気電池の正しい使い方

空気電池の正しい使い方

耳あな型や耳かけ型の補聴器で使用する空気電池は、使い方が特殊。正しい使用法をご紹介します。

空気電池のシールについて

空気電池のシールについて

補聴器の空気電池は空気中の酸素を使って発電する電池。シールをはがすことで、電池の空気あなから酸素が取り込まれ機能します。また、空気電池は一度シールを剥がすと放電が始まり、使わなくても消耗。使用しない時に最初に貼ってあったシールを貼れば電池の劣化を抑えることができ、長持ちさせることができます。ただし、他の粘着テープは不具合の原因になることがあるため使用しないでください。

冬場の賢い使い方

冬場の賢い使い方

冬は気温が低いため、電池にとっては厳しい使用環境。また空気電池の特性上、二酸化炭素の影響も受けやすいため、気をつけないと通常よりも早く消耗することがあります。空気電池を賢く使って補聴器の性能を活かしましょう。

■石油ストーブに注意!
狭い部屋に大勢の人がいたり、閉めきった部屋で石油ストーブなどを使うと、空気中の二酸化炭素の濃度が増加します。空気電池は二酸化炭素により劣化しやすいので、換気を十分に行うことが大切です。

■気温が低いところでは、電池本来の性能が発揮できません。体温などで電池を暖めてからお使いください。

使用済みの空気電池は?

使用済みの空気電池は?

使用済みの空気電池はお求めになった販売店にお持ちください。電池メーカーに送ってリサイクルします。また、補聴器販売店のほか、電器店、時計店、カメラ店などのボタン電池回収箱もご活用ください。リサイクルのご協力をお願いいたします。

日本補聴器工業会 加盟の補聴器メーカー

  • リオン株式会社
  • パナソニック補聴器株式会社
  • オーティコン株式会社
  • ジーエヌリサウンドジャパン株式会社
  • コルチトーン補聴器株式会社
  • シバントス株式会社
  • ワイデックス株式会社
  • スターキージャパン株式会社
  • ニュージャパンヒヤリングエイド株式会社
  • フォナック・ジャパン株式会社
  • マキチエ
©2016 一般社団法人 日本補聴器工業会